シミ取り治療をするならケアが大切!シミについて詳しく学ぼう

シミの種類

カウンセリング

シミの種類は様々です。ですが、どのシミでも専門のクリニックでシミ取り治療を受けることで、除去することができます。今回はシミの種類について見ていきましょう。どのような種類のシミがあるのか知識を得ることも大切なのです。シミの種類によっては適しているシミ取り治療の方法も異なってくるでしょう。まず、一般的に多いと言われているシミが老人性色素斑です。加齢と紫外線が原因となってできてしまうシミと言えるでしょう。通常はターンオーバーによって肌細胞が再生することで、肌の色は元に戻ります。ですが、紫外線を浴びすぎてしまうとターンオーバーが間に合わなくなるのです。大きさとしては数ミリから1センチ程でしょう。また、時間が経つと色が濃くなってきます。顔や背中など、紫外線を浴びやすい場所に発生するでしょう。トレチノインやレーザー治療によって取り除くことができるシミです。

炎症性色素沈着もシミの中でも多い種類だと言えるでしょう。シミ取り治療を受ける方の多くが炎症性色素沈着に悩んでいるのです。肌が炎症してしまうことによってシミができてしまいます。ターンオーバーが乱れてしまうと、余計にシミができやすくなってしまうでしょう。肌を強く擦ると炎症性色素沈着になりやすいので注意が必要です。最初は炎症によって赤みがかっていますが、段々と茶色く変色してくるでしょう。また、炎症へのケアが間違っていると症状が悪化してしまいます。専門のクリニックなどで相談すれば、正しいケアの方法を教えてくれるでしょう。また、美白化粧品によるケアで、シミを薄くすることもできます。ですが、長い時間がかかってしまうでしょう。シミ取り治療なら、短期間の内に治療することができます。ケミカルピーリングなどを用いて治療するでしょう。

雀卵班に悩んでいる女性の方も少なくありません。雀卵斑は別名、そばかすとも呼ばれます。これも、シミ取り治療で除去することができるので安心です。基本的に雀卵斑の場合は、遺伝によって現われると言われています。小さくて茶色いシミが顔全体にできてしまうでしょう。また、子供に多いシミです。ただし、紫外線の影響を受けることで、大人であっても雀卵斑ができてしまうこともあります。気になる方は、レーザー治療によって雀卵班を取り除くと良いでしょう。ですが、雀卵班は遺伝によってできることが多いので、再発する可能性が高いと言われています。治療後のケアがとても大切になってくるでしょう。しっかりと紫外線対策をすることで、雀卵斑の再発を予防することができます。美白化粧品なども有効に使っていきましょう。この他にも脂漏性角化症など、様々な種類のシミがあります。基本的なシミについて知識を持っておけば、心配しすぎることもなくなるでしょう。