シミ取り治療をするならケアが大切!シミについて詳しく学ぼう

シミの種類

カウンセリング

シミにはいくつかの種類があります。殆どのシミは、シミ取り治療によって除去することができるでしょう。ですが、興味のある方はシミの種類について勉強していきましょう。知識が増えれば落ち着いて対処できるようになります。

シミの原因

顔を触る婦人

一般的に肌の悩みを抱えている女性は多いと言われています。特に多いのがシミです。シミができると、老けて見えるでしょう。ですが、基本的にシミ取り治療を受けることで、問題を解消することができます。ただ、予防対策をとっていないと、またシミができてしまうでしょう。シミがなぜできるのか分かっていれば、有効な対策をとることができるようになります。まずは、シミがなぜできるのか、原因を調べてみましょう。まず、シミができる理由として挙げられるのが、紫外線です。シミ取り治療を受ける方の大半が、紫外線によるシミに苦しんでいます。紫外線の中でも気を付けなければならないのが、UVBです。UVBは皮膚細胞のDNAを直接傷付けてしまいます。また、肌は紫外線から肌を守るために、メラニン色素を作り出すでしょう。これが、シミの原因となるのです。

基本的にメラニン色素は紫外線を浴びなくなれば、生成されなくなります。肌の色も、元通りに戻るでしょう。ですが、UVBによってDNAが傷付けられてしまうと、メラニン色素が生成され続けてしまいます。このような理由から、シミができてしまうのです。シミ取り治療では、このようなシミを除去します。どうしてもシミが取れない場合は、専門のクリニックで相談するのが一番です、また、活性酸素によってもシミができてしまいます。理由としては、メラノサイト刺激ホルモンが活性酸素を除去するために分泌されるからです。基本的にメラノサイト刺激ホルモンの影響で、メラニンが生成されてしまいます。この、メラニンはシミとなるでしょう。ストレスや喫煙、飲酒に睡眠不足などの影響で活性酸素が発生するのです。

炎症によってもシミができてしまいます。皮膚が炎症してしまった場合は、丁寧にケアする必要があるでしょう。レーザーなどによるシミ取り治療では、肌が軽く炎症してしまうこともあります。しっかりとケアしておかないと、再びシミができてしまうのです。炎症ができてしまうことで、肌が新しい細胞を作ろうとします。肌細胞の働きが活性化するでしょう。肌細胞と一緒にメラノサイトの働きも活性化してしまうのです。つまり、色素沈着が起こることでシミになります。日焼けやニキビ、肌の摩擦や外傷などによって炎症が起こるでしょう。炎症が起こった時に、放置してしまうとシミになってしまいます。特に、ニキビや日焼け、ちょっとした外傷の場合は、ケアがおろそかになりがちです。意識してケアをするようにしましょう。ケアを怠ってしまうとすぐにシミができてしまうからです。また、シミ取り治療の後も入念なケアを行ないましょう。このように、シミの原因が分かれば、ケアの仕方も見えてきます。より確実にシミを予防することができるでしょう。

3つの治療

鏡を見る女性

シミ取り治療を考えている方は、治療の種類についてもチェックしておきましょう。基本的に治療の種類が分かれば自分に合った治療方法が見えてくるようになるのです。3つの治療方法を紹介していきます。

料金を比べる

注射を持つナース

シミ取り治療を考えている方は、料金を比較してみましょう。どの治療がどのくらいの料金で受けられるのか分かるようになります。また、料金を比較することで、よりお得に治療が受けられるのです。

クリニックを選ぼう

カウンセリング

専門のクリニックでシミ取り治療を受けようと考えている方も少なくないでしょう。この時、いくつかのポイントを押さえておけば、優秀なクリニックを利用することができるようになります。